2017年5月22日月曜日

テレマンシリーズ最終回を終えて


昨日は古楽科の演奏会シリーズ「テレマンとカフェ」全5回の最終回でした。
学校の15周年記念の回でもあり、テレマンの作品TWV15を取り上げました。

この15:1には、オラトリオとセレナータがあり、テレマンがハンブルク時代、毎年開催されていた軍の晩餐会用に作曲した作品の集まりです。ハンブルクを讃え平安を祈るような歌詞も多くみられます。

今回はオラトリオから2曲のアリア、セレナータから5曲のアリアを4人の学生が歌い、他5人の学生による器楽アンサンブルと私のチェンバロで演奏しました。アリアの間にはテレマンの組曲ト短調を各所に挟みました。この組曲はテレマンが同じくハンブルク時代に隔週で出版していた音楽雑誌「忠実な楽長」(1728年)の中にあります。

テレマンはビジネスにも長けていたようで、なるべく多く購入してもらえるように、一つの作品も全楽章をまとめずに少しずつ出したため、この本にはいろんな曲がばらばらに詰まっています!


実はたったの2週間前に、この演奏会を任されることになり。。。それから学生たちはアリアを選び、私は楽譜の準備からリハーサル調整など、9人の学生相手に大焦りとなりました。自分の練習はさることながら、プログラム順を決めたり、学校や会場の博物館とのやりとりもあり、演奏会で話すコメントが仕上がったのは当日の早朝でした(汗)

すでに埋まっていたスケジュールに加え、この2週間は学校の伴奏も週30時間に達し、週末も返上でした。来週末も卒業試験などがあるので、あと少し。。。

シリーズ最後で15週記念という大きな行事を、何とか無事に終えることができてほっとしています。




終演後みんないい顔だったので、私もうれしかったです。知らなかった作品に出会い、私にとっても大変勉強になりました。指揮者の位置から、楽器を弾きながら演奏をリードする、いわゆる「弾き振り」も貴重な体験になりました。

日本での演奏会とレコーディングから戻った翌日からこんなリズムだったので、最近こちらの更新もゆっくりになっておりますが、どうかお付き合いください。書きたいことはたくさんあるので、また書きます!

さて、明日からは2日間、来月初旬のレコーディングのリハーサルです!



2017年3月19日日曜日

春・ピクニック日和

前回のブログから少し間が空いてしまいましたが、バルセロナも春になりました。

今日は雲ひとつない晴天、エスムックの学生に誘われて近くの山へピクニックに行って来ました。


カタルーニャ広場から電車に12分、そこからケーブルカーに5分ほど乗るとあっという間です。


白、ピンク、黄色の花がきれいでした。



ゆっくりお昼を食べた後は散策を楽しんで、午後いっぱい美味しい空気を満喫しました。
こんなに簡単に行けるので、また近くリピートしたいです。

2017年1月29日日曜日

子供のためのバロック

今日はバルセロナ郊外のLlinars del Vallesという町で、子供のためのバロック演奏会へ行って来ました。


今日の聴衆は1歳くらいから8歳くらいと、かなり年齢に幅がありましたが、その親御さんたちも一緒に、30分間とても集中していた感じが伝わってきました。


2年前にできたばかりの新しいホール。外は山に囲まれ、空気がきれいでした。


楽屋のおもてなしもバッチリ。飴とホールの名前入りマグネットまでありました!

そしてもう一つ今日のびっくりは、電車を降りてから町の広場でとった朝食。


その場で作ってもらったボカータ(サンドイッチ)とクロワッサン、たっぷり注がれたミルクコーヒーの美味しかったこと。サラミ入りボカータのパンとオリーブオイルのクオリティーが素晴らしかった!

そしてお値段なんと3,6ユーロ!!一瞬耳を疑いました。


なんだかびっくりなうれしい一日のスタートになりました。


2017年1月1日日曜日

迎春2017



明けましておめでとうございます。

今日は暖かいお日さまの下、小さな門松を作ってみました。
今年も平和で健康にめぐまれた一年になりますように。


母のおせち料理をゆっくりいただきました。
私は体調ダウンであまり手伝いもできず。。。新年は元気に行きたいところです。

年明けは7日に本番です。
明日明後日は熱海へ家族旅行。そのあとはリハーサル再開、頑張ります!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2016年12月10日土曜日

スペインコーヒー初挑戦!


早いもので、あと1ヶ月でスペインに来て丸6年になります。

今まではずっとイタリアのラヴァッツァコーヒーを切れないように調達して、毎朝飲んでいましたが、先月初めてストックがなくなり、コーヒーのない生活をしていました。

もうそろそろこだわりを捨てて、こっちで美味しく飲めるコーヒーを探してみようと思い、今日やっと買って来ました!近所のバルで、コーヒーも売っていて、前から気になってはいたものの、実際に買ったことはなく、スーパーのコーヒーはやっぱりまともに飲めないしどうしようかと思っていた矢先。

イタリアのモカポット用にその場で豆を挽いてもらって、すごいいい香り!その後寄ったスーパーのレジでも、店員さんに「あら!コーヒーの香り!誰かしら?」って言われました。私です(笑)

家に帰って、台所に置いてあるだけでもぷんぷん香ってます!!
さて、明日の朝が楽しみだなぁ。250g4ユーロ。ラヴァッツァより少し高め。美味しいことを期待♪


2016年11月15日火曜日

焼き芋~



高級なきのこではなく、さつまいもです(笑)
よく洗って、アルミホイルに包んでオーブンで焼くだけで、甘い焼き芋の出来上がり。



日本のさつまいもより水分が多いので、ホクホクはしていませんが、甘くておいしいです。
包みをあけると、あの、焼き芋のいい匂いがします。

先週から引いてしまった風邪も大分よくなりましたが、まだいまひとつ。

今日のお昼は、週末に買った丸ごとローストチキンの残りを使って、白菜、ねぎ、人参、生姜で、野菜たっぷりチキンスープを作りました。

チキンを骨ごと入れて、おいしい出汁がでました。
これで完治としたいところです。

季節の変わり目、みなさんも風邪など召されませんように。


2016年11月7日月曜日

モーツァルトのレクイエムを歌う


先週末の土曜日、人生で初めてモーツァルトのレクイエムを歌ってきました♪
朝9時から受付開始、300人を超える一般参加者と、オルフェオ・カタラ、同青年・女声合唱団の有志が集まり、総勢約450人で10時から14時までリハーサルの後、16時からコンサートでした。

今季から新しく就任したイギリス人指揮者のSimon Halsey氏はユーモアたっぷりにいろいろな事をお話してくださり、4時間のリハーサルもあっという間に過ぎました。きっと、レクイエムを何度も歌ったことのある人も初めての人も、皆が充実の時間を過ごせたと思います。とても勉強になりました。

楽譜は当日に貸し出しがあったのですが、初めての私には到底ありえなかったので、前もって購入して譜読みをしました。音が取れないところ、テキストの口が回らないところ、音程を取るヒントになる他声部に印をつけたりと、初めての経験がたくさんでした。歌うって楽しいですね。

横で見ていた夫は、いろんなアドバイスをくれて、喧嘩になりそうになりつつも(笑)、一緒に歌って音取りに付き合ってくれたり、ユーチューブで見つけたガーディナー指揮のビデオと一緒に歌ったりしました。一度楽譜を開けると、2時間はあっという間でした。

こちらから、翌日のテレビニュースで取り上げられた映像が見られます。

昔から歌うことは好きでした。土曜日は夢のような一日となりました。これからも機会を見つけて歌えたらいいなと思います。



2016年10月31日月曜日

ナポリからバルセロナにやってきたチェロ奏者スプリアーニ

10月も今日でおしまいですね。昨日から冬時間になり、一気に日が短くなりました。
今月は新しいCDがリリースされ、月末にはスペインの3都市にて紹介演奏をしてきました。


Sala Atrium, Barcelona 2016.10.22

私も全く知らなかったイタリア人作曲家でチェリストのフランチェスコ・スプリアーニについて、CD冊子を参考に少しご紹介します。

まず彼の名前は、昔の手稿譜に4通りの表記がありややこしいのですが、その中で一番多く出てくる名前を選びました。1678年、南イタリアのバーリに近いConversanoに生まれ、その後ナポリで学びソプラノのマルゲリータ・メンケレッリと結婚、1708年から2年間バルセロナでカール6世のもと、レアル・カピッリャ楽団の第1チェロ奏者を勤めます。

時代はスペイン継承戦争まっ只中で、イタリア人音楽家と契約することは、カール6世のイタリアオペラ趣味に合うだけではなく、戦争相手フェリペ5世(ルイ14世の孫)に対抗する政略でもありました。

1710年にナポリに戻ってからは、1730年までレアル・カッペッラ楽団で、楽団長だったアレッサンドロ・スカルラッティなど当時を代表する作曲家と音楽を共にします。その後はリタイアし、1753年にナポリで没す。


Real Academia, Madrid 2016.10.25




Real Academia, Madrid

スプリアーニは史上初となるチェロ教本(Principij da imparare à suonare il Violincello)を書き、その中には12のチェロのためのトッカータがあります。トッカータという名前がチェロ作品に使われるのは他に例がなく、また、全トッカータにはスプリアーノ自身の手により、トッカータのディミニューションと通奏低音バスが後から付け加えられているのが興味深いです。

コレッリのヴァイオリンソナタ作品5のように、3行の5線譜に上からトッカータ旋律、ディミニューション、通奏低音バスが書かれています。



スプリアーニの作品だけを集めたCDはこれまでになく、今回の録音では、上述の12のトッカータから6曲、現在唯一残る器楽曲としてシンフォニアとソナタ、そしてカンタータ3曲を納めました。この企画を何年も前から温めていたという友人チェリストのGuillermo Turinaが手稿譜を求めてロンドンやナポリの国立図書館へ自ら足を運んで準備してきた深い情熱が、彼の紡ぐ音楽から伝わってきます。

こうして彼のプロジェクトに参加できたこと、そしてCDの完成をとてもうれしく思っています。世界初の録音となるカンタータ3曲とソナタなど、知られざる作品の数々を多くの方にお聴きいただければ幸いです。iTunesやアマゾンから、また日本での演奏会の機にはCDをご用意いたします。